ホーム » 日記 » 同じソフトバンクでもショップによって値段が違う?|開催されているキャンペーンで異なる場合はあります

同じソフトバンクでもショップによって値段が違う?|開催されているキャンペーンで異なる場合はあります

■基本的な割引プランはどこも同じ
ソフトバンクショップは、日本全国何百か所もあります。
スマートフォン一番人気であるiphoneの最新機種、iphone5sも
もちろん日本全国で販売されています。

ですが同じ「ソフトバンクショップ」と名前のついたところで
購入しても、購入した場所によって値段が違うという人もいます。

ソフトバンクのiphone5sの本体価格は
【16G】68040円
【32G】78120円
【64G】88200円
となっています。

ここからソフトバンクでは、月月割という本体価格を割引する
サービスを利用する事が出来ます。

容量によってわずかの差はありますが、新規もしくは他社からの
乗り換えで毎月2830円前後の割引が受けられますので、
16Gなら実質無料で手に入るという計算になります。

同じ機種・同じ容量ならば、基本的に本体価格は同じになるはず。
なのにどうしてそんな事が起こるのでしょうか?

それは、それぞれのお店でやっているキャンペーンによる
差が原因ではないかと思われます。

■お店ごとにキャンペーンが異なるってどういう事?
ソフトバンク携帯を扱っているショップはたくさんありますが
皆さんは何を基準に購入する店舗を決めますか?

近所だったり、通勤路だったり、地理条件で決める人も多いですが
中には「よりお得な店舗」を探して選ぶ人もいます。

その為、それぞれのお店で独自のキャンペーンを開催し、
集客努力をしている所もあるんです。

例えば、今なら
・他社解約時の違約金負担
・○万円を現金(商品券)でキャッシュバック
・オリジナルグッズプレゼント
といったキャンペーンが多いようです。

この違約金負担分や、キャッシュバック分を本体購入費用に
充てて「安くなった」と言っている人が多いのではないかと
思います。

■そういうお得情報はどうやって入手する?
しかしこういったキャンペーンは、短い期間限定である事も
多いですし、頻繁にショップを覗きに行くというのも
大変ですよね。

よりお得なお店を探し出して決める人は、どうやってこのような
情報を入手しているのでしょうか?

もちろん自分の足で探す人もいますが、多くはインターネットを
利用しています。

最近はテレビよりもインターネットでニュースをみる人の方が多い
と言われるくらい、情報源をインターネットに頼っている人が
増えています。

その為、情報発信をインターネットに頼っているショップも
多く、特にツイッターなどでキャンペーン情報の一部だけを
つぶやいたりするパターンがよく見られます。

仙台のショップでも、ツイッターやフェイスブックのアカウントを
持っている所がたくさんあるので、最寄りの店舗名で
インターネット検索してみてはいかがでしょうか?

もしかしたら、簡単にお得な情報が得られるかもしれませんよ!

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。